身近に潜む腰痛のリスク

腰痛の原因

腰痛の原因のほとんどはレントゲンなどの画像検査では明らかな異常が見られない非特異的腰痛(腰痛症)とされています。その割合はとても多く、腰痛全体の約85%がこの非特異的腰痛です。

ぎっくり腰は非特異的腰痛

腰に激しい痛みを感じるぎっくり腰ですが、実はぎっくり腰はレントゲンを撮ってもなにも異常がありません。そのため、ぎっくり腰は腰の捻挫ともいわれています。

非特異的腰痛の多数が心因性腰痛症

精神的な負担も腰痛の原因とされていて、ストレスなどから慢性的な腰痛になる場合などがあります。
慢性腰痛の患者の約80%に抑うつ状態(うつ病になりかけの状態)が確認されたとの報告もあり、精神的な負担は身体にも響いてくるということが分かっています。

なぜ人は腰痛になりやすいか

常日頃から身体を動かす際、人は全ての動きの起点が腰になっています。また、立っているだけでも頭や胴体の重さは腰にのしかかっています。

日本人の多くが感じているとされる自覚症状

no.1

腰痛症全般

男女ともに年代を問わず病院に通院する理由として挙がりやすいのが腰痛です。特に現代社会では心因性腰痛症の方が年々増えてきています。

no.2

眼精疲労や肩こり

眼精疲労は肩こりと密接な関係があり、目の周りにある肩につながる筋肉が疲労することで、肩こりが起こりやすくなります。デスクワーカーの方で肩こりに悩んでいる方は多いです。

no.3

手足や関節の痛み

寝起きなどに手を握ろうとしてもうまく力が入らなかったという経験はありませんでしょうか。頭がまだ起きていないだけといった理由なども考えられますが、頻繁に症状が起きたり手や足の指の小さな関節に痛みが生じたりする場合は、関節リウマチの可能性があります。

no.4

鼻水や鼻づまり

慢性的な鼻づまりや鼻水を感じている人も増えてきていますが、多くの原因は過敏症による鼻水であるとされています。過敏症は精神的なストレスなどが刺激となり、鼻の自律神経の働きが異常になってしまう場合に引き起こされます。

no.5

体のだるさ

日常生活でなんとなく身体がだるいといった状態が続くという人は少なくありません。肉体・精神面から来る疲労や栄養不足であることが多いですが、病気の予兆などである場合もあるため注意が必要です。

腰痛の大まかな種類

背骨(構造)が原因の腰痛

椎間板ヘルニアや脊椎分離症など、何らかの理由で背骨の構造が歪んでしまったり、強い負荷をかけてしまったことにより生じる腰痛が分類されます。頻繁に屈んで物を持ったりする仕事を行っている人に多く見られます。

内臓の病気からの関連による腰痛

腎臓結石や尿管結石などの他の病気から、腰痛を併発してしまうことも多いです。こうした他の病気から併発する時は、突然腰痛に見舞われる場合がほとんどです。

安静時の痛み

動いていないのに腰が痛い、安静にしていても治らないといった症状も、内臓からくる病気が原因です。早めに診察してもらうようにしましょう。

運動時及び身体の動作による痛み

激しい運動や身体を動かした際に痛みを感じるといった際には、背骨がずれてしまっていたり、歪んでしまっていたりする事があります。

筋肉の衰えによる腰痛

運動量が不足してくると、腰回りを支えている筋肉が衰えてきて、腰痛の原因となってしまうことがあります。改善方法としては、日々適切な運動を心がけましょう。